底辺職業ランキング1位の建設作業員ですがなにか?

さっきニュースを見ると、就活情報サイトに「底辺の職業ランキング」ってのがあるらしくなんとその第一位に、「土木・建設作業員」が選ばれたそうです。



大工工事
大工工事


???底辺職業ってなに?どういう意味での「底辺」?自分はこの仕事について30年以上ですが誇りをもっていますし、卒業していった若い衆にも誇りを持てるように指導してきたつもりです。自虐的に3Kとか言ったりしますが、誰でもできる仕事でないところがやはり難しくはありますが、「底辺職業」と思われていることにびっくりしました。


職業を選ぶ基準

現在就活している方はどういった基準で職業を選んでいるのかな?

  • 休みの多い会社

  • 責任のない仕事

  • 楽な仕事

  • 簡単で給料のいい仕事

  • ・・・

いろんな理由があると思いますが、自分のやりたい仕事を見つける方が自分の人生にとってはいいように思います。もしくはついた仕事にやりがいを持てるようになるのがいいと思うのです。職業にランキングを付けるなんてカッコ悪いよ!それよりも、自分の仕事に一生懸命に打ち込んでいることの方がランキング1位でしょ~!お金や時間に囚われて職業にランキング付けするよりも、自分のやりたい仕事は何かをよく考えてみてほしいな。



大工仕事
大工仕事


建設作業員|大工はいったいどうなのか?

では、大工仕事は実際どうなのか?自分は30年以上この仕事を続けていますが、いやになったことはありますがあきることはありません。毎日が本当に楽しいです。当然失敗することや上手くいかないこともありますが、少なくとも何かを「造り上げる」ベクトルで動いていますので、常に前向きです。そして、その「何か」は出来上がっていきます。単純作業が少ないので、常に考えながらの作業ですから、大変といえば大変ですが、逆に、何かを造り上げる過程を自分で考えて計画して実行してそれがうまくいけばたとえ小さいことであってもうれしい気持ちになります。また、それに対して喜んでくれるお客様がいる。最高の仕事だと思っていますよ。底辺職業ランキング1位なんてほんとにびっくり!


大工の最終形態って?

大工職の将来性ってどうなんでしょうか?自分はどちらかというとベテランの部類には入るかと思うのですが、自分の培ってきた経験や知識を次の世代に渡す役割があると思っています。自分は、すでに現場作業は少なくなっては来ていますが、今までの知識や経験を使って作業を効率よく進めたり、複数のチームをまとめたりと作業ではなくて、知識や経験を利用した業務なってきています。自分の師匠や親方だった方は現在でも現場での作業をしておられますが、それも選択の一つです。ただ、大工職が現場作業だけではなく、将来的にもずっと続けられる職業であることをわかってほしいと思います。最近は現場作業が少ない自分ですが、大工職であると自覚しています。



大工 女性
大工 女性


大工職のネガティブ要素

・・・はっきり言ってたくさんあります(;^_^A

  • 基本的に体育会系です。

  • 理不尽です

  • 残業の概念がありません

  • 危険です

  • 手や服は汚れます

  • 底辺職業といわれます(* ´艸`)クスクス

現在就活している方でどの職に就くか悩んでいる方に「大工職」をお勧めすることはまずありません。ただ、やりたい方がいらっしゃるなら、周りなんて気にせずに自信をもってほしいです。あなたが選ぼうとしている職業には、他からは絶対に見れない景色があるのだから!30年以上の経験を持つ自分が保証しましょう!